20代、30代、40代男性の精欲がない悩みの特徴や原因と改善方法、精欲減退からアップ 向上するおすすめ

健康管理
ハートのJ
ハートのJ

こんにちは
ハートのJです

精力が出ない、性欲がなくなってきているなどの悩みがある方もいます。

精欲がなくなり減退してしまう原因には個人差があります。年齢や生活習慣でも変わってくるものです。まずは精欲が減ったという自覚を持つ男性の理由を調べてみました。

精欲がなくなってしまった特徴

20代でも本能的に精欲が少ない人も

仕事や趣味に熱中している人の中には、そこまで性欲の優先順位が高くないという男性もいます。エンターテイメントが多いこの時代だからこそ、性欲が別の域で満足してたり後回しになっていて開発されてない場合もあります。

 

自信がなくて勃起不全(ED)かも

自信がなく意欲が沈んでいて、性欲自体を諦めてしまっている人もいます。こういう人は性欲がないのではなく、自ら性欲を持たないように気を付けて抑えているタイプです。

 

30歳を過ぎたら勃ちが悪くなった

年齢とともに身体の調子も変化してきて、結果 性欲がなくなってくる人もいるようです。加齢の影響で30代以降に性欲が減少してくるのは、ある程度は仕方のないことではあるでしょう。

 

夜の営みの機会もなくなり期待もしなくなる

40代を過ぎてくると、性欲がある自分から決別する人もいるようです。特に、家庭のある男性は、性欲で自分がコントロールできなくなるようなことはほぼなくなり理性的になる傾向もあります。

 

過去に遊びすぎて、もう飽きたと割り切っている

遊び慣れてたくさん経験してきたからこそ、え〇ちなこと自体に飽きてしまったと感じるようになることもあるようです。若いうちは頭の中が性欲で満たされていたとしても、どこかでぷっつり切り替わってしまったのでしょう。

 

30代から精欲がなくなってくると言われる原因は

男性ホルモン(テストステロン)の減少による

男性ホルモン(テストステロン)の分泌の低下は30代が直面する問題です。20代中盤くらいが男性ホルモン(テストステロン)の分泌量のピークと言われていて、減少傾向なのは事実です。

ただ、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が下がってきているとはいえ 性欲がなくなるまで分泌量が低くはならないようです。

少年の頃みたいに毎日性欲があってえ〇ちなことばかり考えていた時よりは性欲が低くなっても仕方ないですが、人間の体の仕組みから考えると30代で性欲がないのは男性ホルモン(テストステロン)の分泌量低下だけが原因とは言えません。

 

仕事のストレス

仕事のストレスが男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を低下させてしまっている可能性はあります。ストレスを抱えると自律神経が乱れホルモンバランスが崩れてしまいます。

30代は20代の下積み経験も終えて、仕事の責任も増えてくる時期です。20代の頃は上司の指導や指示で動いていたものの、30代は自分の判断で働く範囲が多くなり 仕事が多忙になっていき疲れやストレスが溜まりやすくなります。

どうしても、責任が増える分だけ20代の頃よりも自律神経の乱れ疲れやストレスを抱えるのが30代です。

 

女性へのマンネリ

30代になると女性と長年の関係があったり、過去に経験をたくさんしたりして女性に高ぶる感情が薄れてくる傾向にあります。これも男性ホルモン(テストステロン)にとっては悪影響を与えてしまいます。

恋愛をしていると男女ともに「性ホルモン」の分泌が活発になり、性欲が高くなるからです。

女性の場合はえ〇ちをすると綺麗になると言われることありますが、恋愛感情を持つことが、女性ホルモンの分泌を高めるので女らしさに磨きがかかります。

男性も同じで恋愛感情を持つことが男性ホルモン(テストステロン)の分泌を高めて性欲だけじゃなく男らしさもアップしていきます。

 

食の乱れによる肥満、運動不足

30代になると太ってお腹が出てきたり運動をしていないという人も多いです。仕事も忙しくて食事は職場でカップラーメンやコンビニご飯などに頼ることも多くなっていると思います。

食生活の乱れや運動不足は筋力低下を招き、血行不良も引き起こします。血の巡りが悪いと栄養の巡りも悪くなりホルモンの分泌も低下してしまいます。ホルモンは体内で栄養を元に作られるので、血行が悪いと生産効率が落ちていきます。

また、勃起は血の巡りに関係する現象なので、血行不良は勃起不全(ED)の原因にもなってしまいます。

 

30代からおすすめの精欲アップ方法

定期的に運動をする

30代からおすすめしたいのは「運動する習慣を付ける」ということです。意識しないと運動する機会ってなかなかないのが30代以降なので、習慣化するのがいいです。

例えば「家で筋トレをする」「近所の公園をランニングする」といった身近で簡単に始められるものから行うと 自然と定期的に続けられるようになります。

身体を動かすことが「血行不良の改善」「体内機能の活性化」につながるので男性ホルモン(テストステロン)の分泌量アップに貢献していきます。

 

定期的にストレス発散方法を見つける

運動もストレスを発散になりますし、他にも色々な趣味を見つけるとストレス発散方法が増え、より男性ホルモン(テストステロン)の分泌に効果的になります。

例えば「ゲーム」「漫画やアニメ」「カラオケ」「ドライブ」「旅行」など、興味があり気持ちがすっきりしてストレス発散になれば何でもいいので楽しめる趣味は増やしていきましょう。

 

女性とのコミュニケーションを大事にする

お相手のいない方は、恋愛感情を持つことが男性ホルモン(テストステロン)の分泌を高めて性欲をアップさせていくので 女性とのコミュニケーションを大事にして日頃から恋愛に触れられるようにしておきましょう。

 

もし出会いがない場合は、今の時代オンラインサービスでも手軽に出会うことは可能なのでこちらも参考にしてください↓↓

 

精力剤で男性ホルモン(テストステロン)に有効な栄養を摂る

男性ホルモン(テストステロン)の分泌には栄養摂取は欠かせません。どんな栄養が良いかといえば一番は「亜鉛」です。さらに効率を上げるのなら「アルギニン」を同時に摂取すると成長ホルモンの分泌も促進し相乗効果が期待できます。

ただ、亜鉛はミネラルの中でも特に摂取しにくい栄養とされています。牡蠣に豊富に含まれていることで有名ですが、牡蠣で精力アップに必要な亜鉛を摂取しようとしたら毎日10個以上食べないと難しいです。

食材からだけで性欲回復に必要な栄養を摂るのが厳しいとなると、おすすめするのが「精力剤」です。

精力剤は、性欲向上に必要な亜鉛、アルギニンなどを豊富に含んでいる栄養サプリメントなので、飲むだけで手軽に性欲を取り戻せます。

 

自分自身も若い頃のような精欲をまた感じられているので、参考にしてください↓↓

 

まとめ

20代、30代、40代の精力が出ない、性欲がなくなってきているなどの悩みについて、加齢の影響はありますが まだまだ日常生活の中で改善して向上できる方法はあります。精欲アップできるよう以上のことを参考にして頂き活性化に繋げてください。

タイトルとURLをコピーしました